どこからが不貞行為

ベッド不倫の意味合いとしては、婚姻関係にある方のどちらかが、別の方と肉体関係になってしまうことです。この肉体関係というのは不貞行為とも言うのですが、不貞行為とはどこまでが不貞行為となるのか範囲を知らない方も多いと思います。より確実に慰謝料を請求するためにも、この範囲について理解することはとても重要なこととなります。そもそも、不貞行為に関してはここからここまでが、不貞行為としっかり取り決めがなされているわけではないとされています。しかし、多くの場合は婚姻関係を持ったパートナー以外と性的に交わってしまったら不倫として扱うことができるようになる可能性が高いと言われています。

とはいえ、例外もあります。その一例として挙げられるのが本来、婚姻関係にあるものが、風俗に通うこともは法律で不貞行為であると断定することができないとされています。しかし、この場合にパートナーの片方が分かっていて、それを何度注意しても直さない場合には不倫として慰謝料を請求することもできたという事例もあります。された方からすれば、性的に交わっていないもの以外は不貞行為とは言いにくいという現状に納得がいかない方も多いのではないでしょうか。したがって、この状況であっても、慰謝料請求を成功させるために細かい証拠をつかむことが重要になってきます。