弁護士依頼のメリット

弁護士または妻の不倫が分かってしまい慰謝料請求をするにあたって、自分で直接請求するという手段も挙げられますが、一番おすすめしたいのは、弁護士を通しての慰謝料請求になります。では、なぜ、弁護士へ相談をすすめるのでしょうか。

ここからは、弁護士に慰謝料請求相談することによってもったらされるメリットについて解説します。上記にもあるように不倫した相手に慰謝料を請求したい場合には、大きく分けて2つの方法があるとされています。

1つ目が自分で直接相手に慰謝料を請求する方法です。この方法にした場合には、弁護士を雇う費用が掛からずに、コスト削減として有効であるというメリットも挙げられます。ここで、慰謝料を請求するにあたって、事実と解決策について記した示談書など多数の書類を用意する必要が出てきます。そうなった場合には、自分1人で処理するのはとても手間のかかることです。

2つ目の方法として挙げられるのは弁護士を通して慰謝料を請求するという方法になります。この方法を選択することによって、本来であれば、自分が不倫した相手のもとにいって直接話し合いをすべき所は弁護士に代わってもらうことができ、依頼する弁護事務所によっては、一切相手とのやり取りをしなくても良いケースもあります。デメリットとしては費用がかかることになりますが、その分、弁護士は良い方向へとするために必要な専門的知識や技術を持ち合わせています。そういったことを考えると費用についても納得がいくところなのではないでしょうか。